ひとり上海生活_ゆったり投資

上海で単身赴任生活しながらほったらかし投資中

上海/APITA金虹橋店_キリン一番搾りとれたてホップ

中国はビールが安い

日本と比べてビールの酒税が安いので、中国産のビールは安い(輸入品は高いが)

しかし中国産のビールは安いが薄い(厳密にはアルコール度数が低い)

有名な青島ビールの一般的な銘柄は価格が約4RMB(70円以下)だが、アルコール度数が3%以下とあっさり風味

 f:id:ender1985wiggin:20170106223445j:plain

結局、家での普段飲みビールは「キリン一番搾り現地生産)」に落ち着いた

ちなみに容量330ml、アルコール度数は4.1%と現地の中では濃い目

価格は箱買いで一本4.5~5RMB(85円以下)

なお、帰国時に日本のビールを飲むと濃いので(アルコール度数5.0-5.5%くらい)酔いが早く感じる

 

今回のネタは大晦日に「APITA金虹橋店」に買い物へ行った時に見つけた

APITAとは東海地区がメインの元ユーニーグループのスーパーである「アピタ」だ

APITAは商品の並びも内容も日本風の作りで、そこそこ安めに日本の製品が手に入るので、近辺の古北地区の日本人以外も買い物に来るスーパーだ

 

そこで見つけたのが日本からの輸入ビール「キリン一番搾りとれたてホップ」

 f:id:ender1985wiggin:20170106223102j:plain

日本在住時には毎年秋に発売される限定ビールで、ホップが濃い目で美味しいので箱買いをしていた

美味しいのは判っているがここは外国で輸入品は高いんだろうなー、と価格を見ると

 350ml:10.5RMB

 500ml:13.5RMB

と現地産の一番搾りと比べ倍の価格で高いなー、と感じたのだが・・・

落ち着いて計算をすると

 「10.5RMB→約180円以下」

日本で買うより安いやん!

これぞ酒税マジック

 f:id:ender1985wiggin:20170106225535j:plain

500mlを数本購入

わざわざ飲み比べしなくても、ホップの利き具合の差は歴然だった

 

APITA金虹橋店:上海市長寧区芽台路179号虹橋商場地下2階