ひとり上海生活_ゆったり投資

上海で単身赴任生活しながらほったらかし投資中

不正課金ショック!

今日は大晦日

1年の締めとして、早朝に家計管理ソフト「マネーフォワード」を更新しチェックを実施したところ

クレジットカードで見覚えの無い請求先から、引き落としがあった・・・

 12/28:○○○○ジャパン 10,000円

なんじゃこれは?

現在の中国生活では、現地給与を貰っているので現金と銀行カード(銀聯カード)を使用しており、日本のカードを使用することはほぼ無し

日本のカードを使用するのは、Kindleで本を買うときか、帰国前に楽天Amazonで買い物する時くらいだ

とりあえず請求元を調べてみると、ネットゲームの会社か・・・

 

全く身に覚えが無い!取り急ぎカード会社に連絡をせねば!

12/31なのに繋がるのか?

調べてみると、紛失の場合は24時間受付してくれる

一般問い合わも年中無休の受付してくれるようだが、時間が決まっており日本時間9時まで待機(年末に営業してるだけ有難い!)

海外からの有料電話なので素早く対応してほしいが、案の定混み合って繋がらない・・・

本人確認を経て担当デスクに繋がるまでおよそ10分以上、ようやく話を始めると

 ・12/28分のですね

 ・不信な引き落としがあったのでセキュリティーレベルを上げていました

 ・その後も3回同じ引き落としが来たのでブロックしました

凄いぞVIEWカード!ナイスジョブ!

おまいらの仕事に助けられました 

 

本人カード認証の厳しいネトゲ会社との事で、本人情報が完全に漏れてる状況であろうと、カード再発行となった

問題の(初回)1万円分の請求に関しては保留扱いとなり、新カードと一緒に送られてくる被害申請書にサインして、不正が証明されれば請求無しとなるとの事

さすがにクレジットカードの海外送付はできないとの事だったが、ちょうど1月末の春節に日本へ帰るので問題ない

 

ところで、いつカード情報を盗まれたんだろう?

思い当たるのはクリスマスプレゼントを新規の所で購入した際に、VPNの調子が悪く、エラーが出て何度もカード情報を入力させられた時かな・・・